脱毛できない?施術前NGリストをチェック!

脱毛できない?施術前NGリストをチェック!

はじめに

みなさんは、脱毛前にやってはいけないNGリストがあることを知っていますか?

もちろん、お店ごとに対応が違うため一概には言えませんが、ここでは施術時にNGとされやすい条件をいくつかご紹介します。

なんでこんなに気にしなきゃいけないことが多いんだ……と思う部分もあるかもしれませんが、脱毛には体のケアや安全面への考慮が不可欠です!

実際に脱毛を検討されている方は、施術前には何をしたらダメなのか、カウンセリングでお店に確認をとったうえで、気持ちよく脱毛にのぞみましょう!

脱毛前にNGかもしれない7つのこと!

日焼け、肌の疾患、タトゥー、ほくろ
脱毛機の多くはメラニン色素(黒い色)に反応して毛を処理します。
日焼けや地黒肌は、やけど・シミ・色素沈着の原因になることから施術できない可能性があります。
 
また、日焼けしていると肌が乾燥した状態になり、刺激に敏感になって痛みを強く感じやすくなります。同様に、アトピー・乾燥肌・傷跡・タトゥーが入っている箇所・ほくろから生えている毛、なども脱毛できない可能性があります。
 
ただし、なかには肌質には関係なく施術を行える脱毛方式もあります。詳細はお店に確認してみるのがよいでしょう。
病気・薬の服用
施術の安全性に関わってくるため、健康状態は重要です。

持病をお持ちの方は、サロンの判断だけでなく、かかっている医師にも必ず確認を取りましょう。

薬を服用されている方はお店に正しい情報を伝えてください。
薬に含まれている成分によっては光線過敏症を起こすこともあり、重症化するとたいへん危険です。

妊娠中・授乳中
脱毛機の光が、母体や胎児に影響を与えることはありませんが、それでもほとんどの場合、妊娠中や出産直後の脱毛はNGとされています。
これは、ホルモンバランスの変化にともない、肌トラブル・毛周期の乱れ・体調の悪化など、さまざまな影響が考えられるためです。
 
出産後もふくめて、施術のタイミングはお店としっかり相談しましょう。
生理中、生理前
ホルモンバランスの乱れにより、肌トラブル・脱毛効果の減退などのリスクが高まります。
 
生理中のVIOの脱毛は難しいですが、お店によってそれ以外の部位なら施術可能な場合もあります。
 
予約キャンセルの期限・キャンセル料なども含めて、あらかじめお店に確認しておくと安心です。
飲酒
前日に飲酒していると当日は施術NGとなります。

血行が促進されて体温が上昇することで痛みを感じやすくなり、赤みや湿疹が出ていると肌に過剰なダメージを与えてしまう危険があります。

予防接種
予防接種を受けてからしばらくは、体内で免疫を作り出している期間となります。
体調を崩しやすくトラブルが起こりやすい状態なので、一定期間は施術できない可能性が高いです。

みんなが選んだ脱毛サロン・クリニック

脱毛機メーカーがプロデュースする脱毛サロン
サービスの安心感が魅力の老舗サロン
高いコスパが魅力。話題の全身脱毛サロン
医療関係者がオススメする脱毛サロン
予約の取りやすさが評判の人気サロン