脱毛するとシミが薄くなる? 濃くなる?

脱毛するとシミが薄くなる? 濃くなる?

目次

はじめに

脱毛について調べていると、
「脱毛でシミが薄くなる」
「脱毛でシミが濃くなる」

という正反対の意見を目にすることがあります。

脱毛とシミの関係についてはいろいろな意見が飛び交っていて、どれが本当のことなのか迷ってしまいそうです。

そこで今回は「脱毛することでシミにどんな影響があるのか」というテーマで、それぞれの根拠や原因についてまとめてみました!

そもそもシミの原因ってなに?

皮膚が紫外線などの刺激をうけると、肌の下層でメラニン色素が生成されます。
メラニン色素は外部の刺激から肌を守る役割があり、通常であれば、肌の表面に押し上げられたあと一定の日数が経つと、角質と一緒に排出されます。
これを肌のターンオーバーや新陳代謝と呼びます。

しかし、この新陳代謝を上回るペースでメラニンが生成されたり、新陳代謝そのものが正常にはたらかなかったりすると、蓄積したメラニン色素によってシミができてしまうのです!

紫外線のほかに、肌トラブル・加齢・ホルモンバランスの乱れ・生活の乱れなどが、こうした肌のサイクルに悪影響を与える可能性があります。

脱毛するとシミが濃くなるってホント?

脱毛したことで、シミが濃くなった・シミができた、という声もありますが、結論からいえば、脱毛処理にシミを濃くするような効能はありません。

では、なぜシミが悪化したという意見があるのでしょうか?

考えられるのは、
脱毛によって細胞が活性化し、皮膚の新陳代謝が早まったことでまだ表には出てきていなかったメラニン色素が表面に押し出され、シミが濃くなったように感じたというケースです。
これは肌のターンオーバーのサイクルが早まっただけで、一時的な症状になります。

ほかには、脱毛時の炎症や肌の赤みを放っておくことで色素沈着ができることは考えられます。

また、脱毛中から脱毛後にかけては肌が敏感なので、
日焼けをしてしまうとその影響が強く出る可能性があります。
もっとも、これらはしっかりと肌ケアを行えば十分防ぐことができるトラブルといえます。

脱毛でシミを薄くできるってホント?

逆に、脱毛処理によってシミが薄くなるということは考えられるのでしょうか。
残念ながら、こちらも脱毛処理によってシミが薄くなるといった効能はありません。

ただし、脱毛の種類によっては、シミが薄くなったように感じられる可能性はあります。
医療脱毛には美肌効果があるため、その影響でシミが薄く見えるケースは考えられます。

サロン脱毛(光脱毛)の場合でも、肌のターンオーバーが活性化することで、表面に出てきていたメラニン色素が排出され、シミが薄くなったと感じる可能性は考えられるでしょう。

みんなが選んだ脱毛サロン・クリニック

医療関係者がオススメする脱毛サロン
サービスの安心感が魅力の老舗サロン
高いコスパが魅力。話題の全身脱毛サロン
4

ラココ

star3.6
脱毛機メーカーがプロデュースする脱毛サロン
全国に185店舗!業界最大級の脱毛サロン
※コロナウイルスの影響により休業中の店舗あり